初めての方へ|肩こり・腰痛を和らげます。整体のような補完代替療法の一つです。佐久市

  • ホーム
  • 初めての方へ
  • 施術案内
  • 患者様の声
  • よくある質問
  • 店舗案内

オステオパシーについて

オステオパシーは、1874年にアメリカ人医師アンドリュー・テイラー・スティル氏によって創始された、独特の医学体系を持った治療法です。
日本では鍼灸マッサージや整体、カイロプラクティックなどのような補完代替療法の一つとされています。
骨のみを調整する手技とは異なり、骨格などの運動器系、動脈・静脈やリンパなどの循環器系、脳脊髄液の循環を含む脳神経系など、広範囲の医学知識の元に、手を使って治療を加えます。

オステオパシーの原則

オステオパシーの治療は、下記の原則を踏まえて行います。

身体は一つの単位
一人の人間とは、身体、心、及び精神の単位である。
オステオパシーでは身体の全ての組織を一つのつながったシステムと考えます。
その中で、感情と内臓器とのつながりについて古来より関連付けをされていますが、そのように精神面も考慮しみていきます。
身体は自己調節、自己治癒
Dr.スティルは人体には健康を維持する能力があると考えており、人体を精密な機械として捉えていました。
病気や不調はそのような機械が正常に働かなくなったことで起こると考えています。
構造と機能は相互に
Dr.スティルは構造(筋骨格系・内臓・血管・リンパ・血液)の変化により機能(循環、神経伝達、免疫など)に影響を与えたり、その反対に機能の変化により構造が影響を受けると考えています。
私達はその構造または機能に働きかけることで調和が取れるようなお手伝いをします。
合理的な治療は
オステオパシーの治療とは、上記3つの原則を踏まえて行います。
Dr.スティルにとって、病気とは身体の構造の異常とそれに続く生理的機能の不調和の結果であって、その原因ではありません。
症状を扱うのではなく、原因が調整されれば症状は消失すると考えています

オステオパシーは病名や画像診断だけにとらわれず、身体を総合的に見て主に徒手にて施術を行う補完代替療法です。

オステオパシーの種類

  • 頭蓋オステオパシー
  • 内臓マニピュレーション
  • 仙骨テクニック
  • MFR(筋膜リリース)
  • LAST(靭帯性関節ストレインテクニック)
  • メカニカルリンク
  • マッスルエナジー
  • カウンターストレイン
  • HVLA(高速低振幅手技)
  • リンパテクニック
  • パーカッションハンマー

オステオパシーには上記のようなものがあります。
他にも存在していますが、当方で施術を行っているものはこれだけあります。

頭蓋オステオパシーは、症状のある部位に関わらず、頭蓋骨にアプローチしていく特徴的な施術方法と言えますが、他にも「内臓マニピュレーション」が特徴的な施術と言えます。

「内臓マニピュレーション」では、内臓そのものに対し施術する方法があります。
似たものとして「筋膜リリース」がありますが、それとは違い、手足・体幹だけでなく、内臓や血管、神経、リンパの繋がりも考えた施術になります。

オステオパシーと一口に言っても、様々な種類があり、アプローチの方法が異なります。
これらを症状に合わせて使い分けたり、組み合わせたりして施術を行っていきます。
これにより、多くの症状への対応を可能とし、先の「身体は一つの単位(ユニット)である」という考えのもと、総合的な身体の健康をサポートしていくのです。

オステオパシーの施術内容

オステオパシーがどんな施術をするのか、少しですが症状別にご紹介します。
どのような症状であれ、はじめは身体の歪みのチェックから始めます。

腰痛

腰痛

腰痛の原因も様々です。
オステオパシーではまず、痛みの場所、性質、期間、外傷の有無、他の病理との関係性などを調べ、それから関節、骨盤、背骨、筋肉などの動きをみて問題の場所を探し出し、施術を進めていきます。

ひざ痛

ひざ痛

ひざ痛の原因として血流に問題があれば、足に向かう血流を増やすことを促したり、逆に腫れが引かない状況があれば血液が心臓方向にしっかり戻すことをしていきます。
その為、骨盤の調整を行ったり内臓に対する手技を行い、姿勢を変化させて行きます。
脳から出ている神経にアプローチし、血流を調整する自律神経を刺激することがあります。
また、必要に応じて膝、足、股関節の調整も行います。

耳鳴り・めまい

耳鳴り・めまい

耳鳴り・めまいは「三半規管(さんはんきかん)」や内耳神経周囲のリンパや動静脈の滞りが神経を圧迫することがあります。
「内臓マニピュレーション」や手術痕に対する施術、頭蓋骨や頚部より、三半規管や神経周囲のリンパや血液の流れを促すような施術を行います。

便秘

便秘

オステオパシーでは、腹部を優しく触ってその動きを活性化させることで、自然治癒力を高めていくことができます。
便秘や消化管の問題は迷走神経の問題や臓器に対応する自律神経に関わる脊椎(せきつい)に問題を見出すことが多いようです。
問題のある脊椎(せきつい)を探し、その髄節の硬さを緩める手技や自律神経の通り道を緩める方法、「内臓マニピュレーション」による内臓の制限に直接アプローチする方法、大腸など骨盤内の問題に対しては骨盤の調整にて血流の改善を目指します。

その他、脳卒中後遺症(歩行障害や筋緊張による痛みなど)・新生児の不調(股関節の制限や顔色が悪い、母乳を吐くなど)・スポーツ外傷後の経過が思わしくない・原因不明のイライラ・四十肩(五十肩)・内臓の不調・原因不明の疲れ・冷え性など。
自然治癒力を高めて、オステオパシーで元気を取り戻しましょう!

三半規管(さんはんきかん)とは?
平衡感覚(回転加速度)を司る器官であり、内耳の前庭につながっている、半円形をしたチューブ状の3つの半規管の総称。
内臓マニピュレーションとは?
内臓マニピュレーションでは、内臓の働きを活性化させます。
腹部を触診すると、皮膚を通して各臓器の動きを感じます。
臓器の動きが異常な場合、臓器自体や関連する内臓器官、内分泌系、筋骨格系、神経に影響が出ます。
その制限を取り除くことによって、自然治癒力を高め、内臓不調や便秘などに有効なのです。

オステオパシーは赤ちゃんにもお勧めです

オステオパシーは赤ちゃんにもお勧めです

赤ちゃんや小さな子供は、大人よりも骨が柔らかいので、当然ながら大人と同じ力で施術をしてはいけません。
オステオパシーは柔らかい施術なので、赤ちゃんや小さな子供への負担も少なくて済みます。

赤ちゃんに対して、効果的な症状としては主に下記のものが挙げられます。

頭部の歪み
出産時、陣痛が長くかかる場合、胎児は母胎内で骨盤に強く頭を圧縮されています。
長時間に渡って圧縮されることで、首などの神経が集中している場所への負担もかかり、ミルク吐きなどを起こす要因になると考えられています。 頭部の歪みを整えることで、ミルク吐きなどの症状を改善し、呼吸のしやすい状態へと導いていきます。
開排制限
開排制限とは、股関節が開きにくくなっている症状です。
通常医療では、小さい頃から装具によって股関節を固定する方法を取られることがありますが、このようなケースは将来的に股関節脱臼を起こしやすいとされています。場合によっては手術を必要とすることもあります。
オステオパシーでは、骨盤の状態などを調整することにより、本来あるべき股関節の状態に導く方法があります。

佐久市の骨盤矯正「ニュートラル オステオパシー ラボ」

080-4731-4701 メール フォーム

Information

ニュートラル オステオパシー ラボ
〒385-0051
長野県佐久市中込3201-3
新日本ハイツ2 101
アクセスMAPはこちら >
腰痛や肩こりなどの症状がある方、そのまま放置しないで佐久市にある「ニュートラル オステオパシー ラボ」へお越し下さい!
【営業時間】
平日 / 8:00~19:00(最終受付18:15)
土曜・祭日 / 9:00~17:00(最終受付16:15)
【定休日】日曜日
tel:080-4731-4701
メールフォーム

ページの先頭へ